スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧函館ドック跡地の大型クレーン撤去する方針

旧函館ドック跡地の大型クレーン撤去へ

函館新聞社   2006年1月17日

 函館市は、市土地開発公社が所有し、函館港のシンボル的存在の旧函館ドック跡地(弁天町20)の大型クレーン(ゴライアスクレーン)の取り扱いについて、耐震性や補修費負担などの問題から撤去する方針を固めた。今後、同公社と撤去費用を最小限に抑える方策や解体時期などを検討し、具体的な取り組みを進めていくとしている。

 同クレーンは1975年、函館ドックが造船用クレーンとして設置して以来、函館のランドマークとして親しまれてきた。

 2基とも高さ70メートル、幅110メートル。造船不況により79年に特定船舶製造業安定事業協会、89年には北海道振興へ売却。同社からの申し入れで2004年5月、同公社がクレーンや建物などを含め、土地23・2ヘクタールを1億円で買収した。

 市は同跡地を産学官連携で進める「函館国際水産・海洋都市構想」の拠点地として活用する考えだが、同クレーンは函館の原風景として定着しているため、撤去の是非が注目されていた。

 ただ、93年7月の北海道南西沖地震以来、レールなどが破損し、移動不能の状態。腐食も進み、金属片などの落下が相次いでいる。こうした状況から、同公社が函館どつくに委託し、04年にクレーンの点検、調査を実施した結果、「現状ではクレーンの耐久性はなく、大規模地震などの発生があれば極めて危険」と判定された。

 不具合カ所の補修費用は概算で約9億円、撤去費用が約6億2000万円と算定されている。

 市の試算では最小限の補修費用で約5億3000万円、撤去費用は約4億5000万円。保存する場合、多額の補修費用と将来にわたる経費負担が必要で、クレーンの有効活用も見込めないことなどから、市は撤去することを決めた。

 市港湾部は「なるべく残したいと考えたが、弁天地区を拠点に進める、国際水産・海洋都市構想の展開という新たな時代の政策にふさわしい、景観をつくることを選択した」と理解を求めている。


   函館新聞社   2006年1月17日
スポンサーサイト

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://hakodategoraiasu.blog82.fc2.com/tb.php/4-1e7460f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。